NEWS

VINTAGE ROCK T BOOK!「Noirshirt」出版のお知らせ

VINTAGE ROCK T BOOK!「Noirshirt」出版のお知らせ

ヴィンテージロックTシャツの写真集を8月7日に出版します。 実は店舗を構える約2年前から製作の着手は始まっていました。 その後、コロナウィルスの影響で延期を余儀なくされ、とうとう出版できる状況が整いました。 8月7~9日はLABORATORY/BERBERJIN®︎での出版イベントに参加するため、当店では次週より販売を開始します。 ※出版イベントの詳細は下記をご参照ください。     ・クラウドファンディング支援者の皆様 このような状況下で多大な支援を賜り、誠にありがとうございます!   ・製作に携わっていただいた関係者の皆様 さすがプロフェッショナルとしか言えません。 皆様のお力添えが無ければ実現不可能でした。素晴らしい本ができました!   ・LABORATORY/BERBERJIN®︎様、offshore Tokyo様 ありがとうございます。ようやくですね。今後ともよろしくお願いします!    ここからは、出版イベントのお知らせです。   発売日の8/7(SAT)から3日間LABORATORY/BERBERJIN®にて、“Noir gallery” と題し、写真集に掲載されている”悶絶”ロックTシャツを実際に目で見て頂きたくお店をギャラリーに見立てての展示、販売が決定しました。 本の出版日の初日から掲載されているTシャツが実際に全てご覧になれ、かつ一部の完全展示品を除いたTシャツをご購入頂ける、世界初のまたとない機会となります。   ------------------------------------------------------------------------ Noir gallery (ノワール ギャラリー)2021 8/7(SAT) 8/8(SUN) 8/9(MON) 【ギャラリー会場】LABORATORY/BERBERJIN®︎@laboratory_berberjin_r東京都渋谷区神宮前3-21-22 1F03-5414-3190  ------------------------------------------------------------------------    ------------------------------------------------------------------------ 最後に写真集のコンセプトを説明させていただきます。   ⚫︎掲載したTシャツのルール <黒のTシャツのみで構成> <現在所有しているものだけで構成> <主要な写真集に掲載されているものは極力掲載しないで構成>  ⚫︎なぜ黒なのか? 私たちが考えていた写真集の構成は3部作構成でした。 「白」「黒」「マルチ」です。 まず最初にバンドTシャツのスタンダードカラーである 白か黒の写真集を作る構想ができ、 中でも抽出、構成が難しい「黒」の写真集に取り掛かりました。 Tシャツにプリント、安価にしっかり発色させる技術が 一般的に流通したのは80年代末期~90年代に入ってからで、 当然それ以前のTシャツは発色させやすい黒ボディ以外の比率が高いです。 全体量からの比率では低い黒ボディの中からグッドデザイン、 希少なものを選ぶのは結構難しいことなのです。 当時のヴィンテージロックTシャツは なるべくお金をかけずに製作されていたものがほとんどです。 しかし、「とにかくインクを分厚く塗って発色させる」 「お金をかけて高い技術で発色させる」 「発色が良くなくても作る」 「プリントではなくフェルトで表現する」 といったことでリリースされた黒Tシャツには独特な魅力があり、 それはヴィンテージでしか味わえません。 構成上一番ハードルの高い黒ボディのTシャツで最初のリリースをします。    ⚫︎なぜ所有物のみなのか。 私たちは写真集を出版してプロジェクトを 完了させるつもりはありません。 掲載した”悶絶”ロックTシャツを実際に目で見ていただきたいと思っています。 掲載するTシャツをフレキシブルに扱うためにも知り合い、 協力者からのリースを募るのではなく、 自らの所有物のみで構成すべきだという判断に達しました。  ⚫︎なぜ主要な写真集に載っているものを避けたのか。 私たちは写真集を見てくれた方に、 なるべく見たことのないデザインのTシャツを 見てもらいたいと考えているので、 他写真集に掲載されているものは基本的に省いています。 既出の写真集にも掲載されているもので 本写真集に掲載するものは掲載すべき オーラを纏っていると判断したもののみとなります。     ------------------------------------------------------------------------ 【クラウドファンディングにてご支援頂いたお名前掲載がOKな皆様】 AZOTH Hirano  / azusa iida  /  BERBERJIN BULL THE DOG  / Dai Hatt   /  DOGONE hidy  /  Kad Cobain  /...

続きを読む →


ショップオープン日のお知らせ

ショップオープン日のお知らせ

オープン日が決定しました。 5月2日です。   今まで数回オープンの延期をしてまいりました。 5月2日より早くオープンしていれば、何か特別なことをやろうと思っていたくらい我々にとって非常に思い入れのある日です。   ギリギリまで考えました。しかし、この日よりオープンを遅らせることは考えられませんでした。   よって5月2日にオープンします。   オープンにあたり、スペシャルゲストが参戦してくれます。 写真集製作メンバーの一人でもあり、ロックTシャツ界の重鎮こと的場良平さんが手伝ってくれます。 楽しみにしていてください!   ここからはオープン時に当店が守ること、お客様に守っていただきたいことのアナウンスです。   新型コロナ対策として、換気の徹底、入店人数の制限を行います。また、お客様にはマスク着用及び入店時のアルコール除菌をお願いします。   初日のオープンは13時です。   もしありがたいことにオープンをお待ちいただけるような状況となった場合は、 12時から入場抽選券の配布を行います。   基本的には一枠を30分、一枠当たりのお客様の入店は4人程度とさせていただきます。 昨今の状況や近隣の方々への配慮を踏まえて、店の前でお待ちいただくことはご遠慮いただきたいです。 くれぐれも12時前にはお並びにならないようお願いします。   入店制限中のお客様の来店時は、抽選をおこない券に記載してある時間に再度お越しいただく形となります。 抽選券に記載してある時間にいらっしゃらなかった場合は、その券は無効となり再度抽選を受けていただくことをご了承願います。   お客様の来店を心よりお待ちしております。 The STOKEDGATE Tokyo

続きを読む →


店舗プレオープンのお知らせ

店舗プレオープンのお知らせ

ショッププレオープンのお知らせです。   近日中にショップをオープンします。 オープン日が決定したら再度アナウンスさせていただきます。 詳細な場所はHPのACCESSをご確認ください。 当店はヴィンテージのバンドTシャツを軸としたショップですが、もちろんTシャツ以外の取り扱いアイテムもあります。   店頭に並べる商品をまずはTシャツのみとしているためプレと付けさせていただきます。   ヴィンテージのバンドTシャツがお好きな方、興味があるけどよくわからない方、昨今のフェイクにうんざりしている方、種々いらっしゃると思います。   なるべくたくさんの方々に満足いただけるようなショップとなっておりますので、是非ご来店ください。   オープンまでの期間、少しではありますがファーストラインナップをinstagramにアップしてまいります。 アカウントはこちら→「THE STOKEDGATE Tokyo」   遠方で来店できない方はもちろん、都内や近隣の方で来店に抵抗がある方、日程が合わない方もいらっしゃるかと思います。 アップした投稿やストーリーズでお見せした商品に関して、 購入意思のある方はinstagramよりDMをいただければ対応させていただきます。   不慣れなこともある故、少しご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、誠心誠意対応します。 宜しくお願いいたします。 The STOKEDGATE Tokyo

続きを読む →


Webshopオープンのお知らせ

Webshopオープンのお知らせ

はじめまして。 THE STOKEDGATE Tokyo 山崎と申します。 Webshopオープンの挨拶をさせていただきます。   ヴィンテージのロックTを軸としたショップ「THE STOKEDGATE Tokyo」です。   STOKEDGATE(ストークトゲート)とは、我々が作った造語で「開けたらわくわくするような扉」を意味します。   皆様がわくわくできるようなラインナップを紹介できるようなお店を作り上げて参ります。   商品数もまだ少なく種類もTシャツのみの掲載となっております。 (ROCK T-SHIRTとVINTAGE CLOTH→TOPS→T-SHIRTの欄にしか商品がありません・・・)   今後こつこつと充実を図ってまいりますので、是非ともご覧いただければ幸いです。   店舗も開店準備中です。追ってアナウンスさせていただきます。   THE STOKEDGATE Tokyo 山崎 淳  

続きを読む →